埼玉県で生活するなら、都心部に近い、さいたま市、蕨市、川口市あたりがおすすめです

トップページ
お気に入りに追加
  

埼玉県で生活するなら、都心部に近い、さいたま市、蕨市、川口市あたりがおすすめです

埼玉県で生活するなら、都心部に近い、さいたま市、蕨市、川口市あたりがおすすめです。

 

2001年に政令指定都市に移行して以降、ますます人口増と再開発で賑わいを増すさいたま市ですが、最近では、中央省庁の進出や、企業のオフィス進出にともなって、沿線の駅前には大型商業施設や高層マンションの建設が相次ぎ、東京都内と変わらない様相を呈しています。

 

浦和・大宮・与野・岩槻の4つの市が合併してできたさいたま市ですので、旧市街地は生活するのに何不自由なく、治安も悪くないため、基本的におすすめです。

しかし、最近の賃貸住宅の家賃を考えますと、場所によってはおすすめできない地域もあります。

新幹線が停車する大宮駅がある大宮区や、旧市でも人口の多かった浦和区、中央区は飛び抜けて家賃が高いため、おすすめできません。

 

さいたま市は10の区から構成されていますが、都心につながる路線は主に京浜東北線と埼京線です。

ただ、埼京線の混み具合は半端なく、しかも痴漢の被害が多いため、女性にはおすすめできません。

 

さらに、電車の路線が通っていない地区には商業施設がほとんどないため買い物が不便です。

このため、西区、見沼区、桜区、岩槻区、緑区あたりは除外したほうがいいでしょう。

 

こう考えると、駅から近く商業施設が充実した北区と南区がおすすめです。

なかでも、南区の南浦和駅は2路線が乗り入れ都心にも近いためおすすめです。

 

駅の周辺には大型スーパーやショッピングセンターなどがいくつもあり、都内と変わらない生活を楽しむことができます。秋葉原まで電車で30分くらいですので、非常に恵まれた場所だと思います。

 

以上をお部屋選びの参考にしていただけると嬉しく思います。