長野県の佐久市はあたらしい居住適地です

トップページ
お気に入りに追加
  

長野県の佐久市はあたらしい居住適地です

中部山岳国立公園の中核であるということを考えてみれば、長野県は全県に渡って山岳地帯であるという表現が適切でしょう。

長野県に住むことにおいては山岳地帯ということを考えざるを得ないことになります。

 

生活するのに厳しい自然環境ですが、その分四季折々の風情を楽しめるのも長野県です。

 

長野県はかなり大きな面積を有していることもあり、それぞれの場所や歴史的な経緯から長野市を中心とした北信、松本市を中心とした中信、飯田市を中心とした南信と3つに分けられていました。

 

しかし、長野新幹線が開通して佐久平駅が開業したことから、最近では佐久市を中心とした東信をプラスした4つの分けることも多くなっています。

このことは東信地区が急速に発展してきたことで顕著になってきました。2015年に北陸新幹線が開業したことによってより利便性がアップしました。

 

そして佐久市が最近では長野県における新しい居住適地として脚光を浴びています。

佐久市が注目を浴びている理由は東京までのアクセスの良さが上げられます。

 

東京からわずか80分程度でついてしまいます。

それに比較的近い場所に有名な観光地でもある軽井沢を控えており、自動車を利用すれば軽井沢に行くのにも時間がかかりません。

 

佐久市では生活に便利な社会的なインフラが急速に充実しています。

また、佐久市を中心とした東信地区は積雪が北信や中信に比べると少なめであることも雪や寒さになれていない人のとっては好条件といえます。