岐阜市内か、周辺の岐南町・笠松などの名鉄電車沿線がおススメ。

トップページ
お気に入りに追加
  

岐阜市内か、周辺の岐南町・笠松などの名鉄電車沿線がおススメ。

岐阜県は面積がかなり大きな県で、美濃地方と飛騨地方の二つに分かれています。

飛騨地方には観光地として有名な高山市がありますが、山に囲まれている飛騨地方は交通の便が非常に悪く、車がないと何かと不便な地域です。

 

初めて岐阜県に住むなら、美濃地方の方がなじみやすいと思います。

やはり、県庁所在地の岐阜市内がおすすめです。

 

岐阜市は名古屋市のベッドタウンでもあるので、岐阜市周辺から名古屋までは電車で20分ほどで出ることができます。

県庁所在地ではあっても岐阜市はさほど大きな街ではなく、新幹線の駅があるのも羽島市なので、名古屋に近いということが大きなメリットになります。

 

岐阜市内で住むなら、JR岐阜駅南側にあたる加納地区がおススメです。

駅から徒歩圏内なのに静かな住宅街で、坂が少なくフラットな地形なので、自転車での移動が楽です。

 

家賃は少し高めですが、利便性を考えると、名鉄電車の加納駅か、そのお隣茶所駅あたりが良いと思います。

賃貸物件も多く、スーパーや飲食店も充実しています。

 

メガバンクの支店もあり、コンビニも比較的たくさんあります。

同じ岐阜市内でも、北部になると冬は雪が積もり、移動が大変なので、その点でも南部の方がよいと思います。

 

岐阜市周辺で住むなら、同じく名鉄電車が通っている岐南町、笠松がおすすめです。

名古屋駅にも岐阜羽島駅にも名鉄で乗り換えなしで行くことができます。

 

岐阜市内と比べると遥かに田舎なので、車があった方が便利な地域になりますが、家賃はかなり抑えられます。